走れメロス

太宰治の「走れメロス」は、中学校の国語教科書で初めて出会いました。メロスは計画性に乏しく、先の見通しが甘く、行き当たりばったりに自分の信じた道を一直線に突き進んで、周りの人達を災難に巻き込んで迷惑かけ通しですが、周りの多くの人々から信頼され愛されてます。メロスは自ら招いた絶体絶命の危機を不屈の精神で打開しました。この「走れメロス」は私の五十数年来の愛読書で、日本語の原文や英語翻訳の朗読を長年楽しんできました。

audiobook.jp

コメントを残す